社員研修の内容の重要性

目的に合わせて内容を決めよう

今回の社員研修の目的は何なのかはまず明確にすることが肝心です。目的に合わせて内容を決めなければ実施する意義を見出すことはできません。この研修を行うことによって何が達成されれば良いのかを具体的にリス…

詳しくはこちら

講師を厳選して価値を高めよう

社員研修のために講師を招聘するときには、業界での大物を呼ぶことがよくあります。知名度が高い人を呼んだ方が影響力があると考えたり、代表取締役会長クラスの地位が高い人の話の方がためになるものが多いと期…

詳しくはこちら

社員研修が行われる理由とは

社員研修は、一人ひとりの従業員に特定の知識や技術を学ばせたり、仕事への意欲を高めたりするうえで大切な取り組みのひとつです。

職種に合わせて講義を行おう

職種によって必要な内容は違う

全社員を集めて同じ講義を聞かせるタイプの社員研修はよく行われています。確かにどの社員にも聞いておいて欲しい内容の講義をすることもできますが、各社員が現場で活躍できるようになるためにはそれぞれの職種に合わせたノウハウを習得させることが肝心です。職種によってどのような知識や技術を得られると飛躍的に実力が伸びるかは異なります。社員研修の効果を上げるためには職種ごとに違う講義を行って、現場で必要とされる能力を磨けるようにするのが肝心です。職種の数が多い現場ほど社員研修の準備が大変になるものの、このような工夫をしないとなかなか効果が上がらず、実施した意義もなくなってしまうかもしれないので気をつけましょう。

外注も検討してみよう

職種ごとに様々な講義を行える体制を整えるのは簡単なことではありません。営業職、経理職、総務職、技術職といった大枠で分けてもかなりの数がある現場が多いでしょう。さらに技術職などの場合には細分化していくとキリがないのも確かです。しかし、それぞれのニーズに合っている 研修を行わなければ効果が上がらずに意味のないものになってしまいます。この対策として考えると良いのが研修の外注です。職種ごとに講師を用意していてオーダーに応じて適切な内容の講義をしてくれるサービスはたくさんあります。各地で定期的に開催されていて参加費用を払えば社員を参加させられるセミナーもあるので、合わせて利用することを検討してみましょう。

社員研修の効果測定の必要性

社員研修の効果が上がらない場合には原因を究明することも大切です。社員研修を行ったときには効果測定をして、次の研修にフィードバックするのが良い方法として知られています。効果測定の意義と方法を理解しておきましょう。

効果測定をする意義とは

研修を行ったときにはアンケートなどによって効果測定を行うのが肝心です。研修を行ったときに個人にどれだけの影響があったかを調べてみると、かなりの個人差があることがわかるでしょう。その結果に基づいて現…

効果測定の典型的な方法

社員研修の効果を正確に測定するには、まずその研修が何を目的としているのか、明確にしなければなりません。そこで、教育の達成度を評価する典型的なフレームワークとして有名なのが、「カークパトリックの4段…

効果測定をフィードバックする方法とは

社員研修の効果測定を行った結果はフィードバックするとさらに大きな効果が得られると期待できます。基本的な方法として集計結果を全体に向けて広報誌などで発表する方法が挙げられますが、個人がきちんと内容を…