効果測定をフィードバックする方法とは

効果測定を個人にフィードバックするのが基本

社員研修の効果測定を行った結果はフィードバックするとさらに大きな効果が得られると期待できます。基本的な方法として集計結果を全体に向けて広報誌などで発表する方法が挙げられますが、個人がきちんと内容を読んでくれるとは限りません。効果測定をフィードバックするときに重要なのは、そこから問題意識を各個人が持つようになることです。そのため、できるだけ小さな単位でフィードバックするのが肝心になります。最も手間はかかるけれど効果が大きいのは個人に対してフィードバックする方法です。効果測定の結果を示して、どのようなことを今後気を付けるべきか、これからどんな方針で仕事に従事していくべきかを提案するのは効果的でしょう。

研修でフィードバックしよう

個人に対してフィードバックしていくと時間も労力もかかります。それ自体が研修の一環として考えられることを念頭に置き、次回の研修でフィードバックするという方法も良いでしょう。個人レベルでなくとも普段から接しているチーム単位や、部署単位でフィードバックすることもできます。その方がチームとしてどのような行動をこれから起こしていくべきかを考える上で役に立つという面もあり、個人に対してフィードバックするよりも効果が上がることも少なくありません。個人を基本単位として考え、どの規模で効果測定の結果を共有させて議論を深めた方が良いかを考えるのが重要です。組織規模によってどのくらいの大きさで行うのが適切かは違うので気を付けましょう。