効果測定をする意義とは

フィードバックで効果を上げられる

研修を行ったときにはアンケートなどによって効果測定を行うのが肝心です。研修を行ったときに個人にどれだけの影響があったかを調べてみると、かなりの個人差があることがわかるでしょう。その結果に基づいて現場にフィードバックをすることができるのがメリットです。あまり研修に真面目に取り組んでいなかったのが明らかになったら上司から指導をすることもできるでしょう。また、理解できていない点がわかった場合にもレクチャーをすることができます。一方、効果測定を通して秀でた部分が見えてきた場合には、その取り柄を生かして業務に従事してもらえるように仕事を配分するという方策も立てられるでしょう。効果測定の結果は現場で有効活用できるのです。

次の研修に生かすことができる

効果測定をした結果を集計すると次の研修に生かすことができるのもメリットです。社員研修をしてどのような印象を持たれたのか、何を習得できたのかという点を確認するとともに、社員の満足度がどれだけ高かったかも調査してみると良いでしょう。そして、不満があった場合には自由記述で意見をもらえるようにしておくと、次の研修で何を取り入れたら良いかが明確になります。実際に研修を受けている社員の声が届くようになるのは効果測定の魅力です。社員としても自分の要望を伝えやすくなり、もっと良い研修を受けられるようになると期待できます。効果測定を取り入れると実施する側にとっても受ける側にとっても良い形を作り上げることができるのです。