目的に合わせて内容を決めよう

目的がなければ研修内容は充実しない

今回の社員研修の目的は何なのかはまず明確にすることが肝心です。目的に合わせて内容を決めなければ実施する意義を見出すことはできません。この研修を行うことによって何が達成されれば良いのかを具体的にリストアップしましょう。その上で、一つ一つの項目を達成するためにどのような内容を盛り込めば良いかを考えていくと研修の全体像ができあがります。確保できる研修時間に比べて目標としている項目が多すぎる場合にはいくつかは次回に回してしまって、今回ぜひ達成したいものを厳選しましょう。あるいは全て実現するために内容をさらに吟味して良い方法を考案するということもできますが、準備にかかる負担がかなり大きくなるので注意が必要です。

目的に合わせて効果測定も行おう

目的が明確化されればそれに合った方法を選び出すのはそれほど難しくはありません。アクティブラーニングやグループワーク、eラーニングなどの研修方法も充実してきています。いくつかを組み合わせて研修を作り上げてみたは良いものの、本当に目的を達成できるのかが不安に思われることもあるでしょう。その効果測定も研修の中に組み込んでおき、目的をどの程度果たせたのかを確認できるようにしておくのが大切です。最後にアンケートを取るだけでも行えるので、忘れずに記録を残しておきましょう。それを参考にすれば次の研修をするときに目的として何を掲げるべきか、どの方法が有効性が高いのかを判断しやすくなり、より効果的な研修を作り上げられるようになっていきます。